くげ日記 blogになれば くげ風呂に
 
<< 10月7日〜8日 出発前夜→遠野→福島→東京 | main | 10月10日 生活笑百科そして旅の終わりに >>
10月9日 香取神宮と明治神宮

 10月9日
ウコンの力のおかげか、体力は戻っていないけれども二日酔いではないみたい。とりあえず、寝ている皆を起こさないようにして一人出発。そうそう、はじめてきのした邸のシャワーからお湯がでたよヽ( ´▽`)ノ今まで3回ぐらい水しか出なくて泣きぬれていたさ。・゚・(ノД`)・゚・。
そして、電車を乗り換えて成田へ向かう。そこから電車を乗り換えるのだが、成田不動尊が近くにあるとの看板。近くといえども徒歩15分ぐらいなので今回はパス。いずれ平将門関連で一度は訪れなければと。
しかし、連休なのかこの日の電車は満杯(^^;特にご年配の方で歩け歩け大会があるみたいで、終始たつこと数十分。佐原駅に到着。ここからタクシーかバスを使って急いで往復すれば間に合う計算だったのだけれども、駅前には多くの山車が。この日はお祭りで道路も交通規制中。これはまずいと思いタクシーに飛び乗るが大きく迂回しなければならずに、一電車遅らせてスケジュールに余裕をもたせることに。もしくは香取駅におりればよかったのだけれども(^^;ホームページの案内だと佐原駅のことしか書いていなかったのでそれにしたがったのがスケジュール的に失敗だったのかも。
ともかく、少し余裕ができたのでゆったりめに香取神宮を参拝。近くには土産物屋や茶屋があったり、駐車場も広く思っていた以上に人が来ていそう。さっそく要石へ。
2,3ヶ月前にみた鹿島神宮と似たような感じで地面からちょこっとでている。ただ、倒れて崩壊した灯篭が何基もあり地震の爪跡が色濃い印象でした。早速参拝をして、帰りはゆっくりとバスで佐原駅へ。次の電車の20分ぐらい前に到着したので祭りを見学。山車に乗って何人もの人が笛を吹いたり、踊っていたりと。屋台のケバブをはぐはぐしつつ、このまま電車で秋葉原へ。
シャッツにてでぃーど。きのしたと合流すると、早速きのした君が難しい顔をしてタロットとにらめっこ。きのした君といえばタロットの占いだけれども、今回は自分自身を占うことに。その時に一人だと重さに耐え切れないのと、読み解ける人がもう一人いたほうがいいということなので向かいの席にでぃーど先生。
こちらは緑茶を飲みつつゆっくりと読書。しかし、出された小アルカナの貨幣のカードの多さに尋常じゃないことをさすがに悟る。
それでもきのしたくんは必死に読み解き、でぃーどんは導くように言霊をだして、うちはほんわか(゜▽、゜)
やっぱり割烹着っていいよね(゜▽、゜)

というわけで、シャッツをでて秋葉原駅へ。ひさしぶりの歩行者天国。実は初体験。
秋葉原の自治体の方がパフォーマンスの自粛などを訴えて警備中。地道な作業があるからこそ歩行者天国が復活したわけで本当にありがとうございます。そしてひげの濃いゴツイ不思議の国のアリスのコスプレをスルーして、きのした君はレッスンへ。うちとでぃーどんはまずは原宿明治神宮へ。
小説「Q.E.D」に書いてあったことを確かめに1年ぶりの参拝。あぁ、やっぱり書かれてあるとおりだ。宮の字。そして参道。
二人で参拝すると、そこには新郎新婦が。しばらく眺めて、なんとなくうちがやるなら神社であげてみたいなぁとしみじみ。その前に相手をさがせよ自分(゜▽、゜)
一方ではこの日おこなわれる薪能の準備が。しかし、神社で能となるとやっぱりそういうことだよな。ということはQ.E.Dに書かれてある明治神宮は実は・・・という話にもつながるなぁ。どの演目をやったかは確認がとれなかったけれどもやっぱりそうだよなぁ、と思いつつうちの目的は終了。
今度はでぃーどせんせの目的である六本木へ。べつに心中するわけでも純情派になるわけでもないけれど、この話をでぃーどんに振ったら間違えて「ダンシングヒーロー」を歌いだすって(゜▽、゜)せんせおつかれです。

六本木について、携帯電話で国盗りをするだけの簡単なお仕事がおわったので、せっかくということでスペイン坂(六本木の)やテレビ東京へ。テレビ東京なんて、これ本当にキー局?というぐらいのつつましさ(これでも言葉をえらびました)
その後、二人でおのぼりさんみたいなことをしたいということで東京タワーへ。夕方近いし、スカイツリーに客とられているからガラガラだろうと思っていたら大行列Σ( ̄□ ̄;
そうか、これから夜景になるし連休だからたくさんいるんだと。ちょいと読みがあまかった。せっかくなので2階の土産物屋を見学してそのまま西荻窪へ。

そこで、でぃーど、きのした弟、クロスに加えて刃くん、そしてナビゲーターのはらぐろせんせと合流。あとできのした君と512が合流するとのこと。最初ははらぐろせんせお勧めの洋食屋に行く予定が臨時休業。
周りからは「くげの呪い」と揶揄される始末(゜▽、゜)
おまえらが、俺を敬わないからだ(゜▽、゜)うちは悪くないと強く強く行った後に吉祥寺へ移動。
そこで肉か魚かを考えた時に、なんとなくはらぐろせんせといえば三島での魚介類ですばらしくお見舞いされた覚えがあったので寿司屋を選択。
しかし、これが(^^;;;大人気店。最初の30分は店から誰も客が出てこない(^^;それほど居心地がいいのかと。
1時間ぐらいまってきのしたくんとも合流した後にやっと店内へ。席は5人テーブルの若手組とカウンターでオーバー30組に自然に別れる。ここでお酒行きたかったけれども、疲れがたまっていたので酒は回避。
しっかし、回転寿司なのに、いい値段するところなのに、チェーン店なのにうまかったΣ( ̄□ ̄;

蒸し鮑ってこんなにうまかったのΣ( ̄□ ̄;なによりもはらぐろセンセからいただいたさんまの握り。一口入れた瞬間に思わず追加で注文を2回したぐらいΣ( ̄□ ̄;個人的に大トロなどの脂は苦手なのだけれど、このさんまはうちの好きな脂味で火を通した魚介類が苦手な自分なのでさんまには縁がないと思っていたけれどまた食いたい!さんまは吉祥寺にかぎる!!!
店員さんがオーダーを何度も忘れるという点をのぞいては大満足のお店でした。さすがせんせヽ( ´▽`)ノ

その後、はらぐろせんせにひでぽんさんとの企画の賞品を無理やり押し付けて入谷の宿へ。今日のきのした邸は大人数なのと、そろそろきちんと疲れをとらないといけないころだろうと予想していたので別にビジネスホテルを確保。ロビーにいた外人さんが伊藤リ●ンみたいだったけど、思っていた以上に快適でついたとたんにそのままフェードアウト。翌日に備えるのでした。

【2011.10.16 Sunday 23:58】 author : くげ
| 旅行記 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
【2018.11.13 Tuesday 23:58】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする