くげ日記 blogになれば くげ風呂に
 
<< 新春のお仕事 | main | 毎年恒例の旅行計画 >>
神社巡りとパワースポット
今日で正月休みが終わりの方も多いでしょうが、私は逆に今日まで仕事で明日は今年初の休み。正月休みの代わりは後日の冬休みになります。家の斜め向かいにある神社に正月の朝6時に初詣をしてそのまま出勤。

講談社の小説「Q.E.D.」シリーズの影響でBAR巡りと神社参拝が趣味となりました。
当初の旅行は、上田秋成の「雨月物語」の舞台となった場所をめぐる旅は、学生時代に読んだ高橋克彦さんの小説「蒼夜叉」で「雨月物語」の舞台は実在するということを知り、香川県坂出市にある白峯寺を参拝したことがきっかけです。
社会人になってからは小説の「Q.E.D.」シリーズで京都の七福神を皮切りに、日本全国の一之宮や舞台となった神社仏閣史跡に足を運んでいます。

こういうのを趣味にしていると話題は、近年流行のパワースポットの話になります。
パワースポットはあると私自身考えてはいますが、昨今のメディアで取り上げられているその場所で得られるパワーが本当に自分にとってプラスになるパワーなのかどうかの見極めをせずに、万人にすべて等しくパワーが得られるという論調に疑問です。
私はパワースポットを「そば」にたとえています。 蕎麦はルチンが多く含まれており、動脈硬化などに効能があるすぐれた食品である・・・が、そば粉アレルギーの方もいます。
自分にとって居心地のいい飲み屋が他の人にとってそうではないように、自分にとってのパワースポットは他の人にとってはマイナスになる可能性に、なぜ言及されないのでしょうか?こういう話題は常に良いか悪いかの2択だけでしか提示されていないことに胡散臭さを感じます。

今の自分にとって、そこがプラスかマイナスか何も影響を与えないか。パワースポットとして浮かれていくのではなく、その場所が自分自身にとっていいかどうか。願い事をする前に感じることが大事ではないでしょうか。

新年早々、酒を飲みながらなので、まとまっていませんが(^^;
よく、神社仏閣関係の趣味とする人との話をするときに、この話題をよくします(^^;


<追伸>
ネットクイズを初めて14年近く。運営を行って13年。そろそろネットクイズの歴史をまとめていいころではないかと。
近く、年代順ではないにしろ、色々と裏話や歴史をまとめてこちらで公開できればと思っております。
ということを5年ぐらい前から言い続けていたのでそろそろね(^^;

 
【2015.01.04 Sunday 22:28】 author : くげ
| 日々思ふ | comments(0) | - |
スポンサーサイト
【2018.11.13 Tuesday 22:28】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする