くげ日記 blogになれば くげ風呂に
 
<< 気楽に何も考えずに漫画を楽しむ | main | 予告→きょうの5の2 くげ学級 >>
十年砂時計
クイズも一段落つき、明日は久しぶりに民話メルマガ更新のネタを探しつつ、ゆっくりと音楽を聴いてまったりしつつ、サイトを巡回すると、ふとある記事に目が留まりました。


ろじっくぱらだいす

こちらのろじっくぱらだいすさんはテキストサイトでは有名なところでご存知の方も多いでしょう。いつもはなんやかんやで笑わせていただいているサイトさんですが、今日はこんな記事を見つけました。


十年砂時計

十年砂時計(2)
10年前の私は18歳。当時高校3年生で大学に浪人せずにいけるのは毎年2,3人ぐらいで一浪が当たり前で、わたしも半ばあきらめていたのに、軌跡の大学合格。
大学に入ってからは学生気分で働くことの意味をまだまだわかっておらず、ひたすら今を楽しく、与えられた大学というワンダーランドを骨の髄までしゃぶりつくそうとはしゃいでました。

あれから10年

ずっと仙台にいると思っていた私がいまは青森の日本海側で働いてます。
色々な出会いがあり、別れもあり・・・

何より民話のメールマガジンを配信するようになり3年。ここまで続けることができるとは思いませんでした。
HPも4年目。ネットクイズというジャンルに興味を持ち今までにないものを作っていこうという勢いだけでここまでこれるとは思いませんでした。

いや、思わなかったのは確かですが、これらは失敗したときのことを想像しなかったのがよかったのかもしれません。
失敗するのが怖くて、今までにない面白いものを作りたくて、それだけでどうにかここまでやってきました。

今から10年後に私は民話のメルマガを続けているのでしょうか?
ネットクイズという分野はどうなっているでしょうか?

10年後の自分を想像しても、何も浮かんできません。結婚もしていないでしょうし、今の仕事に意地でもしがみついて日々稼ぎ続けていることでしょう。

でも、意外とあっさりと結婚したり、転職していたり、もしかしたらこの世にいないことも十分にありえます。
幸いなのかどうかわかりませんが、この10年は特別に「死」と向き合う経験があまりありませんでした。
でも、最近は人づてでも話を聞きますと、人生一寸先は闇をいやでも意識してしまいます。
宗教ならば仏教の何だっけ?といった希薄な宗教観しかないわけですが、この世界で生活を続けたい私は輪廻を信じてしまうもので。


3年前ぐらいに、中のよい友人と差しで飲んだときに、誰が5年後にどんな順番で結婚してどんな生活をしているのか?と互いに想像を交えて話それをまとめたメモが私の机の中にひっそりとあります。開封は2007年。

それまでに結婚して子供が生まれたかたもいらっしゃれば、残念ながら離婚なされた方もいらっしゃり、出会いに恵まれないくげのような人も相変わらずにいたり。
これを開封するのはやめようと二人で話したのですが、今になってみればちゃんとその日にあけてみよう。あのときの自分に出会えると思って、まだ大事にとっています。

私は10年後もこのようにblogの記事を書いているのでしょうか。
そのころインターネットはどのように発展しているのでしょうか。

ただひとつ、10年後の私に


10年前の私はすばらしい友人たちに囲まれてここまできました。
10年後は今以上に社会のしがらみに押しつぶされていると思います。
でも腐ったら負けです。若さを表すのは言動でも格好でもなく、前向きという気の持ちようだと。
【2006.05.20 Saturday 23:19】 author : くげ
| 日々思ふ | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2017.04.25 Tuesday 23:19】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
十年時計。フラッシュ感動して泣いちゃいました。

くげさんもいろいろな変化のあった十年だったんですね。

十年というのはやっぱり長い時間で・・・。
振り返るといろんなことが思われます。

最近疎遠になりがちですが、十年後もよろしく^^
| 秋 | 2006/05/21 9:29 PM |
そうなんですよね(^^
色々といそがしいもので、でも酒を飲むたびに秋さんも同じ空の下で飲んでいるのかとしみじみと思いますと。

この十年砂時計のFlashで感動なさる方と出会えた琴を私は誇りに思います。
| くげ | 2006/05/21 11:46 PM |
過去からの手紙、私も高校の卒業の時に、5年後の自分に書いてました。この前の同窓会で見ましたが、少し恥ずかしかったです。
| 春雨サラダ | 2006/05/22 6:51 PM |
春雨さん>
数年前のなにか自分が当時書いた文章とかを見るだけでも恥ずかしいですよね。
昔のblogを見たりするととくにそう思います
| くげ | 2006/05/22 11:52 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kugekuge.jugem.cc/trackback/442
トラックバック
十年砂時計。
まずはこちらをご覧ください。 こちら。 10年前。 私は7歳。 小学校へあがるために、茨城へ引越し、なれない学校へ通う毎日。 10年後。 私は27歳。 いったい、どんな生き方をしているのか。 6月になってから、この装置のスイッチ
| 512さんのふぁいと日誌。 | 2006/05/28 1:07 AM |